キャンプとかハイキングとか

キャンプとかハイキングとか釣りとかサイクリングとかジムニーとかASDのこと

小さい頃の思い出の多さは心の優しさと比例する気が、、、

 
ワシ、子育て歴6年半なんやけど、子育てしてたら自分の幼少期をよう思い出すようになりましてな、完全に忘れてたことをフッとなんかの拍子に思い出しまんのや。
 
それも、他愛のない親との日常の一コマを思い出すんですわ。
 
もう、半世紀近く前の話やのに、、、
 
 
例えば、どんな思い出かいうたらね、、、
 
 
 
夏の暑い日の昼に外で遊んで帰ってきたら、母親がカルピスを作ってくれまして、原液を水で薄めてシンクの上に置いて「しばらく置いとき」いうんですわ。
シンクの上に置いといたら冷たくなるいうんです。
 
小さい時のワシは、「シンクに置いとくだけで冷たなるんや」思うて不思議やなぁ思うてたんです。
 
それで飲んでみたら冷たい!
 
「シンクってすごい!」って思ったワシは、ある日それを思い出して、コップに水を入れてシンクに置いといたんですわ。
 
しばらくたって、冷たくなってるはずの水を飲んだらめっちゃヌルい、、、「不思議なこともあるもんやなぁ」思うて母親にその話ししたら、「アホやな、氷入れな冷たならんで」いわれましてん。
 
 
ほら、他愛もないでしょ。
 
他にも、いろいろありまんのやけど、他愛も無いので割愛します。
 
 
 
そんなことを思い出したら、こう胸の奥が熱くなるいうかね。
目頭が熱くなって泣きそうになったりしますねん。
 
ワシ、ひょっとして、もうすぐ死ぬんかな?思うたりしてますのやけど、この幼少期の思い出って実はすごく重要やないかって思ってますのや。
 
 
 
この思い出が多ければ多いほど、人に優しく出来るんやないかと、、、
 
なんでやいうたらね、自分の経験なんやけど、小学生や中学生のとき、友人がケンカして負けたりいじめられてたりした時に、こういう感じの親との想い出を思い出して、「コイツにもコイツを大事に思ってる親がおるんやろなぁ」と思ったら、友人の親がかわいそうに思ってね、友人を慰めたり、かばったりしてましてん。
 
 
普通は友人が、かわいそうやからって思うんでしょうけど、ワシの場合、いじめられてる当事者より、そいつの親が悲しいやろなぁ思うて慰めてたんです。
 
わかりまっしゃろか?この気持ち、、、ちょっと変わりもんの思考やろか?
 
変わりもんの思考かもわからんけど、ワシ、この幼少期の想い出がなかったら、そいつの親のことをかわいそうやと思わんし、人に優しくしてないかもなぁって思いますねん。
 
 
そやから、小さい頃の思い出の多さは心の優しさと比例する気がしてますねん。
しかも、他愛もない日常の思い出が、、、
 
 
みなさんは、どないですやろか?
やっぱり、ワシだけかな?
 
 
 
 
そして、今、うちのおぼっちゃまはそういう想い出を作ってる年齢でしてね。
「いい想い出を作ってやれてるやろか?」と気になってますねん。
 
将来、大きくなって結婚して子供ができた時に、私らと暮らした幼少期を思い出してくれたら嬉しいなぁ。。。
 
 
 

f:id:jb-64:20200805224107j:image