キャンプとかハイキングとか

ASDと診断された我が家のおぼっちゃま(7歳)とアウトドアを楽しむブログ

自然の森ファミリーオートキャンプ場 焚き火料理編

焚き火料理編ということで、息子とおとっちゃんの晩御飯を紹介いたします。

 

この時のキャンプ記事はこちら

 

 

 

komakuma.com

 

 

komakuma.com

 

 

 

施設紹介編はこちら

 komakuma.com

 

 

 

 

息子の晩御飯 タコの炭火焼き

 

息子はタコを炭火で焼いただけのシンプル料理。

 

誕生日プレゼントのモーラナイフでタコを一口大に切って炭火で焼くだけ、、、

 

 

komakuma.com

 

一口大に切りながら「タコは全身筋肉やねんで!」って録画して何度も見てる”ナスDの無人島0円生活”で仕入れた知識を披露しながら調理。

 

味付けは何もなし。。。素焼きです。

 

シェアして食べましたが、塩味が効いてて美味しかったです。

 

 

息子が使った焚き火台

 

息子が使った焚き火台は、ユニフレームのユニセラTGⅲmini。

f:id:jb-64:20210713125114j:image

小学低学年と年老いた両親の3人家族には丁度いい大きさです。

 

もともと、スタンダードモデルが気になってましてね、ただ、めちゃくちゃ重いんですよ。

セラミックの分厚い板が2枚組みこまれてて、これが重い!3.1kgもある。。。

欲しいけど、重すぎるわと思いまして二の足踏んでたところ、2020年2月。

出ました半分サイズのminiが。

しかし、3人家族には小さすぎないか?と悩んでたところにこのコロナ騒動。

 息子がこども園に入園してから3年、頻繁にキャンプへ出かけてましたんやけど、昨年キャンプへ行ったのは2回以下。

チョット熱が冷めてたんですが、この3月とうとう買いました。

 

結果、我が家の場合はこのサイズで良かったと思います。

たぶん、働き盛りのおとうさんのおるご家庭には小さいかな、、、スタンダードタイプの方がいいかも。。。めっちゃ重いけど。

 

 

 

 

おとっちゃんの晩御飯 鶏と玉ねぎの煮込み料理

 

おとっちゃんの晩御飯は、twitterで繋がりのあるstk**さん(仮称)に教えていただいた“鶏と玉ねぎの煮込み料理”。

作るのが簡単そうやったので、キャンプで作ってみました。

 

作り方

  1. まずは、玉ねぎの皮を剥きます。
  2. 鍋に水を入れます。
  3. 皮を剥いた玉ねぎと鶏のもも肉を入れます。
  4. 市販の白だしを入れます。
  5. ひたすら煮込みます。
  6. 完成

 

ホントは炊飯器で作るみたいなんですが、焚き火でも美味い!!!

スープも美味しいので、フランスパンを浸して食べました。

そのまま飲んだらちょっと塩辛いかもしれません。

f:id:jb-64:20210713125144j:image

 

おとっちゃんが使った焚き火台

 

こちらの料理は、この日デビューのテンマクデザイン コンパクト焚き火台ORUチタンで調理。

f:id:jb-64:20210713132517j:image

(下の台は別商品)

 

この形状の焚き火台は初めて使うんですが、薪がすごく燃えやすいですね。

それに、すべてのプレートがヒンジで繋がってて、展開も収納もワンタッチで楽ちんです。

すごく使いやすいけど、残念ながら廃版みたいですね、、、

 

ヒンジで繋がってて似た構造の焚き火台は、Bushcraft Essentials アウトドアクッカー ブッシュボックス XL チタンくらいかな。。。

 

 

調理後記

 

「調理失敗して食べれなくてもいい」っというつもりで、何を作るかというところから息子に考えてもらったのですが、タコの炭火焼きは思いのほか美味しかったです。

 

おとっちゃんが作った鶏と玉ねぎの煮込み料理は、作り方が単純で簡単やのに美味かった。。。手がかからん料理なんで、キャンプにもおすすめですよ。

 

今回は、家庭内ソログルキャンということで、それぞれ料理を一品作りまして、片付けも各々が使った道具や食器は各々で責任もって片付けますので、これはおかぁちゃんが楽できそうです。。。みなさんもどう?