キャンプとかハイキングとか

キャンプとかハイキングとか釣りとかサイクリングとかジムニーとかASDのこと

療育手帳を申請したときのこと

(昨日、息子が学校から持ち帰った七夕の短冊に「おとうさんとおかあさんがおかねもちになりますように」って書いてありましてね。
 
f:id:jb-64:20200708215830j:image
(名前や住所を書きまくってるので一部拡大(^_^;)
 
 
 
「なんで?」って聞いたら、「おもちゃいっぱい買ってもらえるやん!」って、、、近所の子がいっぱいおもちゃを買ってもらってるみたいなんやけど、「うちはお金ないからそんな、しょっちゅうおもちゃ買われへんで」っていうてるからやな。。。
 
 
 
 
 
 
それで、療育手帳の話なんやけど。
 
令和1年9月2日にASDって診断されてから、本を読んだり支援級のこと調べたり行政サービスのこと調べたり、夫婦で忙しくしてましてん。
 
その中で療育手帳ってもんを知りましてね。
 
内容見たら結構いろいろ優遇されるみたいなんですわ。
 
それやし、ずっと将来の話やけど手帳があったら障害者枠で就職しやすいみたいで、夫婦で話し合った結果「それやったら取っとこう」となりましてね、10月24日に障がい者相談支援センターへ申請しに行ったんですわ。
 
 
必要なもんは
  • 申請書
  • 写真(たて4cm、よこ3cm、脱帽)
  • 印かん
だけで、手続き自体もすぐに終わったんやけど、療育手帳を発行するか判断するための”問診”がありますねん。
この問診を受けるのになんと早くて3か月って言われましたんや。
 
手帳を受け取るまで3か月やのうて、問診を受けるまで3か月なんです。
メッチャかかりますやろ、時間。。。
 
受付で対応していただいた職員の方がおっしゃってたけど、最近は療育手帳を申請する人が激増して追いついてないらしいですわ。
 
3ヶ月後やったら来年1月末の話やなと思うて、療育のことや小学校や支援級のことをカミさんと手分けして、手続きに明け暮れる毎日を送ってましたんや。
 
そんな忙しい日々を送っていた11月のある日、見慣れん番号から電話がかかってきまして、「なんじゃろかぁ」思うて出てみたら問診の日にちを決める電話でしたんや。
 
こんな早よ連絡あると思うとりませんでしたからビックリしましてな。
とりあえず、最短の12月5日に問診してもらうことになりましてん。
 
たぶん、優先してくれたんやろなぁ、、、
 
 
 
実はワシ勘違いしてることがありまして、この頃、小学校について迷っとりましたんや。。。普通校がいいのか、支援学校がいいのか、、、
 
うちのおぼっちゃん、文字に関心が無くて大好きな絵本も自分で読もうともしないんです。
それでLDを疑ってましたんや。
 
もしLDやったら普通校の授業についていけんし、文字を読めないとなると国語だけじゃなくて全教科に影響しまっしゃろ?
 
普通校より支援学校の方がいいやろかって。。。
 
それで、支援学校に入るには手帳が必要って勘違いしとりましてね、、、実際は、手帳が無くても支援学校に入れるようです。
 
そんなこととはつゆ知らず、小学校に入学するまでに手帳がいると思いまして、急いでほしいってお願いしましてん。
 
ほんでから、急いでほしかった理由がもうひとつ。。。障がい者扶養共済
 
これに加入しようと思っとりましてん。
 
そやけど、結局これもうちの市の場合は、手帳無くても入れるみたいです、、、(-_-;)
 結局悩んだ末に入らんかったんやけどね。
 
このことは、またの機会に書きたいと思います。
 
そんな勘違いから、思ったよりも早く問診を受けれる事になりまして、12月5日に息子を連れて子ども家庭センターへ伺ったんですわ。
 
問診とテストを受けんるんですけど、受けた後、職員さんに「恐らく療育手帳は発行されないと思います」っていわれました。
 
理由は知的がないから、、、市のホームページには、「知的が無くても普段の生活の困りごとも考慮して総合的に判断」って書いてあるんですけど、実際はほとんどの場合、知的が無ければ発行されんみたいですわ。
 
 
ネットでは、知的が無くて高機能自閉症やっても療育手帳を貰えたって話を聞くんやけど、自治体によって違うんかな?
 
 
それで、その職員さんから「療育手帳は恐らく出ませんが、もしよければ”特別児童扶養手当”と”精神障がい者保健福祉手帳”を取得されてわ」っと提案していただきましてん。
 
「”精神障がい者保健福祉手帳”は、もし療育手帳が出たとしても重複しで取得できるので、診断後6か月経ったら診断書を取得して申請してみてください。」って丁寧に教えてくれました。
 
 
うちはまだ診断から6か月経ってないので、とりあえず特別児童扶養手当や!って手続きに邁進しますのやけど、この話はまた今度。。。