キャンプとかハイキングとか

ASDと診断された我が家のおぼっちゃま(7歳)とアウトドアを楽しむブログ

海釣り初心者が子どもと一緒に防波堤でサビキ釣り

ワテ、小学生の頃からバス釣りしてまんにゃけど、美味しくて食べれる新鮮な魚が釣りたいなぁと思うようになりましてね。
 
手軽に美味しくて食べれる魚を釣ろうと思うたら、やっぱり海で餌釣りでっしゃろ?
 
しかも、防波堤のサビキ釣りならボウズはありえん!ってことで行こうと思いましたんやけど海の餌釣りゆうのは、仕掛けが複雑で、釣り針のサイズとか糸の太さとか何を買ってどうしたらええのかようわからんかったんです。
 
しかも、竿もリールも今持ってるやつでいいのかもわかりませんし、なにせお金がめっちゃかかるイメージがありまして、釣り場もどこがいいのかサッパリわかりませんし、謎だらけでやってみたいけど、なかなかハードル高かったんですわ。
 
 
それで、一つ一つ謎を解き明かしました。
 
 
 
謎1. 竿
 
これはホントに値段が高い!
エントリーモデルって言われてるもんでも7千~1万円くらい。
出せませんやろ?続けるんかどうかわからんのにそないな金額。。。
 
しかも、モデルがいろいろありまして、長さや硬さで釣る魚や釣り方も違ってて、もう初心者には何が何だかさっぱりわかりません。
 
何が何だかやから、お店で店員さんとかに聞いたら「今後ステップアップしたらいいのを欲しくなるからこのぐらいのを買った方がいい」って感じで結構なものをおススメされます。
 
ひょっとしたらこの一回で、もう行かんかもしれんのに、、、
 
因みにおススメされた竿は、シマノさんのホリデーISO 3号 450PTSとダイワさんのリバティークラブ磯風 3号 4.5遠投という竿。。。
 
どちらも一万円くらい。
 
 
ここで出てくる数字、号数は投げれる重さ。
4.5とか450っていう数字は長さです。
どちらも4.5mっていう意味です。
 
長いでしょ、こんな長い竿操れんのかぁって思いますわ。
小学校1年生の息子は無理でしょうな、、、
 
 
 
店員さんと話してて、サビキだけじゃなくて投釣りやウキ釣りもしてみたいっていうたら、この二つのモデルをお勧めされました。
 
「慣れるまではこの一本でいろんな釣りをやってみて、慣れてきたら、もっと柔らかかったらなぁとか、もう少し長かったらなぁっていうのが出てくるので、それからいろいろ買い揃えたらいいですよ」ってアドバイスをしていただきました。
 
適切でごもっともなアドバイスなんやけど、慣れるどころかこの一回でエサ釣りせえへんかもしれんしなぁ、それに一万円はなぁと思いまして結局買いませんでした。。。
 
 
 
 
謎2. リール
 
これも種類豊富でして、海釣り用淡水用があるのはわかりますのやけど、他はどう分類されてるのかようわかりません。
 
高級品と中級品とエントリーモデルみたいな感じかな、、、
 
それで、エントリーモデルはどれなんかなぁっと思ってみてましたんやけど、ダイワさんのリールでリバティークラブっていうのを見つけまして、、、名前が同じなんで間違いなくエントリーモデルなんやろうなぁっと。
 
だいたい5000円くらいなんですが、う~ん、、、エントリーといえど、ちょっとお試しでっていう金額じゃないですね。
 
 
謎3. 仕掛け
 
これが一番謎。
 
糸に釣り針結んで、餌付けて海に垂らしたら釣れるんちゃうんって思うんですけど、ものっすごい数の仕掛けがありますねん。
 
同じサビキの仕掛けでも関西式、関東式ってありまして、関西式は下にかご、関東式は上にかごで下におもりなんです。
 
一応、ワテらの釣り場は関西なんで関西式にしましたんやけど、釣り場で隣り合ったおっちゃんが言うには、どっちでも釣れるみたいです。
 
 
釣り場で他の人見てたら、大きなウキを付けてる人や丸いウキを三つくらい付けてる人やいろんな仕掛けで皆さん釣りされてました。
 
たぶん、こんだけ仕掛けがいろいろあるってことは、すごく奥が深いんちゃうかなぁと思いますのやけど、そこがまた怖い。。。
 
たぶん専用の竿、専用のリール、専用の小物類がいろいろあって、買い揃えたらとんでもない沼にハマっていくんやろなぁ思いましたら、ちょっとやっぱり腰が引けますねん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
糸の結び方やとか基本的な知識は、小学生のころから。
 
 
バス釣りを経験して、釣りに対して一応基本的な知識があるワシでもこんな有様なんやから、釣りをしたことない人なんかはもっとハードルが高いんちゃうかと思いまして、ワシらがどんな手抜きをして始めたのかここに綴ろうかなぁと思います。
 
 
まずはお金、、、すごくかかるイメージやったんですけど、道具にこだわらず単純に魚を釣ることを楽しむだけやったら、そんなにもかかりませんでした。
 
 
まずは、いちばんお金がかかるやろう竿とリール。
 
セットで売ってます。
投釣り入門セットとか、サビキ入門セットとか色々売ってますけど、サビキ入門セットを買ってください。
 
f:id:jb-64:20201029225138j:image
 
 
 
これを買えばサビキの仕掛けも付いてきます。
 
f:id:jb-64:20201029225431j:image
 
うちが買ったのは一番短い240です。
竿の長さが2m40cmなんで、子ども用にはこれがいいと思います。
 
因みに、投釣りセットはサビキの仕掛けの代わりに投釣りの仕掛けが入ってるだけです。
 
そして、このセットを買ってしまえば、後は餌を買うだけです。
餌はあみ姫を買ってください。
 
f:id:jb-64:20201029225354j:image
 
チューブ状になってて手が汚れないし、保存がききます。
 
あとは、紐付きの水汲みバケツを買えば準備完了。
 
 
 
釣り場へ向かって釣るだけです。
 
釣り場は阪神間なら西宮ケーソンに行ってください。
 
足場が低いし、柵が無いから釣りやすいです。
 
そのかわり、ライフジャケットは付けてくださいね。
 
ライフジャケットも子供用の安いのが、釣具屋さんに売ってます。
 
全部買っても一万円もしません。
 
これだけ買って西宮ケーソンに小学生以下の小さい子連れで行けば、両隣の人がいろいろ教えてくれたり、仕掛けを貰えたり美味しい魚の食べ方も教えてくれます。
 
どうです?
ハードル下がったでしょ?