キャンプとかハイキングとか

キャンプとかハイキングとか釣りとかサイクリングとかジムニーとかASDのこと

Apple Watchが欲しいわぁとおぼろげに思ったので調べてみた

なんか前々から欲しいなぁっと思ってましてね、Apple Watch。。。
 
f:id:jb-64:20201113201729j:image
 
 
そやけど、これで何ができるのか、はっきりわかりませんねん。
 
まぁ、間違いなく時間はわかるんやろけど、他の機能はようわかりません。
それで、ワテにとってホンマにApple Watchは必要なんか調べてみました。
 

Apple Watchで出来て欲しいこと

 
まずは、もちろん電話
電話出来て欲しいですね。
着信はもちろん発信も出来て欲しい。。。iPhoneを取り出すことなく、腕をかざすだけで通話できたら楽やろなぁ。
 
 
それから、twitter
iPhoneを取り出さんでもtwitterでつぶやけたらさぞかし投稿数が増えるやろなぁ。。。
 
ワテ、ようありますねん。。。「あっ、つぶやきたい」っと思ってもiPhoneをカバンから取り出して、文字を打ち込むのが面倒くさくなってまぁいいかってなりますねん。
もったいない、、、
 
それが腕をかざしてiPhone取り出さんでいいってなったら、つぶやきまくるんちゃうかなぁ。
 
 
LINEメールなんかも送れたら楽ちんなんやけどな。
 
 
あとは、腕をかざして電車乗れたら楽ですね。
お店でも腕を出してピッてしたら支払い完了とか、、、
 
 
山でハイキングするとき、地図を表示してくれてログも取ってくれてON-OFFも出来たら便利やなぁ。
高度計コンパスも付いてて欲しい。
 
 
釣りする時用に潮時表日の出日の入りの時間を表示してくれたら助かるなぁ。
 
 
あとは写真
iPhoneを取り出す手間なくカシャっと取れて、そのままインスタにPOST出来たら便利ですよね。
 
 
 
ワテが、Apple Watchに求めることはこんなとこかな。
 
 
 

Apple Watchでできること

 

通話

出来るみたいです。
Apple WatchがiPhoneとBluetoothで繋がっていれば、Apple Watchがヘッドセットになって、通話可能なようですが、困ったことに通話は周りに丸聞こえです。。。聞かれたくなかったらiPhoneで通話しないとアカンみたいです。
 
便利な機能として、手でApple Watchを覆えば、呼び出し音を消音できるみたいです。
これは、電車の中とか公共の場で便利ですな。
 
それと、調べてて見つけた機能なんやけどWi-Fi通話っていう機能があるみたいです。
これは別にApple Watchの機能ってわけではないんやけど、自宅とかWi-Fiが飛んでるエリアは無料で通話が出来るみたいなんですわ。
 
10分通話無料のプランなんで、これは使えるっと思って調べてみたら日本では使えんみたいです。。。使える環境は整ってるのに何で使えんのやろう。
 
ちなみに使える国は、アメリカ・カナダやヨーロッパ・オーストラリア・ニュージーランドなど先進国はほぼ使えます。
アジアでは、中国・香港・台湾・タイ・ベトナム・インドネシア・マカオ・マレーシア・シンガポールが使えます。
 
日本は、なぜ使えないのか?大人の事情が複雑に絡んでるんかな?
 
 
 

Twitter

Chirp for Twitterってアプリをダウンロードしたら使えるみたいです。
だいぶ使い勝手がいいみたいやけど、複数アカウントを使えんかったり、Apple Watchに話しかけて文字通りつぶやかなアカンみたいなんで、公共の場では恥ずかしかったり、不便なとこもあるらしいです。
 
 
 

LINE

普通に使えるみたいです。
但し、メッセージの送信は、話しかけるか定型文だけのようです。
 
iPhoneの電源が切れててもWi-Fiが繋がっていれば送受信できるみたいです。
でも、通知はされないようです。
当たり前ですがCellerモデルは、Wi-Fiに繋がってなくても送受信できます
 
 
 

メール

メールもLINEと同じで普通に使えるけど、メッセージの送信は話しかけるか定型文だけのようです。
 
 
 

Suica

普通に改札を通れるようですし、残高も表示されるみたいです。
 
 

Paypay

カメラ機能が無いのでお店のQRコードを読んで支払う方式の場合だけ使えないようですが、バーコードをお店に読んでもらう方式なら普通に使えるようです。
 
 
 

ハイキング

なんと、ヤマレコが使えます!
だから、オフラインで地図も見れるしログも取れるし投稿者のログもダウンロードできるようです。
 
YAMAPユーザーの方は、まだ使えないようです、、、
 
 
 

コンパスと高度計

Apple Watch5以降なら使えるようです。
APPLEのオンラインショップで売ってる認定整備済製品は4しかないから新品を買わなしゃーないですね。
 
Apple Watch6とSEのコンパスと高度計は、Apple Watch5より正確なようです。
 
 

潮時表

タイドグラフBIというアプリがApple Watchに対応するようになったみたいです。
 
 
 

日の出日の入り

デフォルトの文字盤で普通に表示されるみたいです。
 
 
 

写真

撮れないみたいですね。。。
ファインダーがないからそりゃ無理か。。。
 
 
 

結論 

 
通話したら周りに丸聞こえやったり、Paypayは使えないお店があったりカメラ機能が無かったりしますのやけど、ハイキングやsuicaやtwitterは便利そうですな。
 
LINEも帰るコールは定型で十分やし。。。そう思うたら買いなんやろか。。。
 
 
GPSモデルでApple Watch6が50380円(税込み) SEが36080円(税込み)
それにApple Care  8000円くらいプラス、、、う~ん、買うとしたらSEかなぁ。
 
 
迷うわぁ。。。